アラフィフ、マレーシアで現地採用。。。

~マレーシア生活7年目突入。 12歳娘とめんどくさがりのワーキングママの日記~カナダへ移動するのか考え中。

カナダで学生をするのか、できるのか?

去年の年末ぐらいからカナダ移動に向けて少し動き出していて、

カナダのビザコンサルタントとSkypeで面談をし、私の場合はやはり公立カレッジの2年ディプロマコースを修了⇒PGWP3年をもらって、1年くらい就業した時点で永住権を申請するという流れが一番いいのではとのこと。

公立カレッジ、調べてみるとInternationalだとTutionだけで1年で$20,000弱する。。。2年だとその倍!

私が公立カレッジに学生ビザを取得して通うと、帯同の子供の公立学校の費用はローカルと同じ扱いになり無料になるらしい。

今、マレーシアでの学費は1年で100万円くらいなので(これも学年が上になるほど上がっていく)、私が順当にカレッジ2年で終えて3年ポスグラもらえれば、たとえ永住権とれなくても5年は学費がかからないことになるのでトータルではお得?!

ちょと待てよ、でも生活費がマレーシアよりも高いから、本当のところはお得ではないのかも。

ちらっと調べた限り、家賃は1BRで最低$1500-1600くらいするので、今住んでる3BRのコンドの家賃約6万円と比べるとおよそ2.5倍くらいか。。。

しかも狭くなるしなぁ、悩む。

 

それよりもなによりも、カレッジの入学基準がIELTS6.5もしくはDuolingo110点!

いまの私では到底達成できそうにないけど、受験料はDuolingoの方が断然安いのでとりあえず力試しでDuolingo受けてみるか。

englishtest.duolingo.com

 

 

思うこと。。。

f:id:nanomano08:20210210191850j:plain

~ Happy Chinese New Year ~

あっとゆうまに節分も終わってしまいましたが。。。

マレーシアに来てから、まったく日本の行事らしい行事はやらなくなってしまった。

お正月におせちもお雑煮も食べないし、豆まきもしてない。

娘には、まったく「日本文化」を継承できてなくて、ゴメンm(__)mだけど

そもそも、4分の1しか日本人の血は入ってないわけだから、まぁいいかって。

それでも日本語話すし、日本のパスポート持ってて「日本人」なんだから

人種の定義って何なんだろうって思う。

 

私は、どっぷり日本の公立の学校で教育を受け、日本のパスポートも持ってるけど居住地としての日本は嫌いだ。

旅行者として、短期間訪問する日本は天国みたいです、それはもう。。。

  • 安くて美味しい食べ物
  • いろんな選択肢があって、心が躍るショッピング
  • かゆいところに手が届くような、消費者の気持ちを体現する製品
  • 神社・仏閣、四季のある景色など。。。

マレーシアには、そんな期待はもともとしていないので、生活するには無問題だけど

やっぱり日本のことを知ってるだけにちょっと恋しくはなりますな。

 

日本がいつまでたっても、一皮むけない感じなのは、特権階級のおじいさんたちが自分たちの私腹を肥やすために、政治家・経営者として一線で居続けるからなんじゃないかと思う。

半分棺桶に足突っ込んでるようなおじいさんたちに、日本のお家芸と言われた最新の技術を駆使して、デジタル化を推進していこうなんて発想は絶対ないと思われ。。。

国民が何を思い、どんな日本にしていきたいと思ってるのとかもあの人達には、関係ないんだろう。

日本の未来のためにはここで本当の痛みを伴う改革をやっていかないと!って思う30-40代の人たちにがでてこないのかな、そろそろ?

でてきても、出る杭打たれるのかもな。

いっそのこと、志の高い人たちが全員日本を飛び出していってしまえばいいのにと思う。

能力のある人が、正当に評価されない日本でなんて、働く意味ないと思うわ。

いろんな訳のわからない税金でがんじがらめにされて、身動きできなくなってる日本人は、少しでも早くそれに気づいて、日本を飛び出してほしい。

もちろん日本で生活することになにも不満がない人は、それでいいとおもう。

私の妹たちも、不満はあるけど仕方がないとあきらめているし。

そう思うように仕向けられてるんだよね。

低賃金で朝から晩まで働かないと食べていけない状況で、10年・20年先のこととか考えて備えるなんてできないし、実際私もできなかった。

あっという間に20年が過ぎていて、あっという間に50歳目前になっていた。

いまごろこんなことに気づいて遅すぎるけど、これからの人生で今日が一番若いんだよ。

年齢を言い訳にして、伸ばし伸ばしにするのは、もうやめようと思う。

 

 

 

2021年もよろしくおねがいします

f:id:nanomano08:20210103184226j:plain

ということで、あっという間に2020年が過ぎていき、2021年がやってまいりました。

コロナで3月から在宅勤務になり、担当しているプロジェクトが忙しかったこともあり

ひたすら仕事をしていた感じがします。

2020年12月、担当プロジェクトも終盤を迎え、すこし余裕ができてきたのでふと自分と娘のこれからの生活を考えた時に、このままマレーシアに居られるのだろうか???と疑問がわいてきてずいぶん前から頭の隅にひっかかっていた、「カナダ永住権」を引っ張りだして、こねくり回してしまいました。

 

娘のY8のタイミングで、カナダのセカンダリに転入するのがいいのか、どんな学校・カリキュラムがあるのかと少しネットで検索してみたところ、すでにセカンダリから自分の興味のある教科を選択する形式であることがわかり、しかもクラブ活動も彼女がやりたいことが満載のその学校に「行きたい!!!」となってしまい(笑)

私が現地の公立カレッジに学生ビザで通うと、娘の公立学校へ行く学費はほぼ無料になるんだとか。

 

アラフィフでしかも英語でカレッジに通えるのか?!(英語力、学力、あと費用面的に)ってことがものすごく考えどころですが、結局マレーシアに居ても娘のインターの学費は年額100万円超えていき、まぁいまのところ働くところはあるので、収入のあてはあるけれど、これもいつまでもつのか疑問で。

 

最終的にカナダの永住権を狙うのであれば、学歴とカナダでの職歴、英語力を上げないとなので、ちょっくら重い腰を上げて、挑戦するのかわたし?!

2021年はちょっとワクワク、ドキドキの予感。。。

 

 

 

Happy New Year!!

あけましておめでとうございます。

日本を脱出して、5回目のお正月をまた夫のいるシンガポールで迎えました。

元旦といっても、おせちもお雑煮もなし。。。

娘はお年玉という習慣すら覚えてないので、いつもと変わらない日常。

かわいそうなのでお年玉はマレーシアに帰ってきてからあげることに。

 

本日は1月2日。すでに私は出勤で、会社でこれを書いていますw

今年は娘とケンブリッジ検定のコースで、がっつり英語の勉強を始める予定。

あとちょっとダイエットね。夜か週末にウォーキングでもはじめようかな。

 

f:id:nanomano08:20190102131705p:plain

今年もよろしく~

 

i-KAD取得!

またまた、久しぶりになってしまいました。

先日、会社の日本人同僚にiKADが再度発行されることを聞き、ググってみたところやはり、発行中止されていたのがまた発行してもらえる様子。。。↓

www.expat.com

同僚はMDECからビザをもらった際に、iKADもMDECで発行してもらったと。

MDECにメールで問い合わせたところ、直接PutrajayaのImmigrationに聞いてといわれる。

で、Immigrationに行ってきました。

f:id:nanomano08:20180904102052p:plain

www.imi.gov.my/index.php/en/

金曜日の午後の部一番くらいで行ったので、そんなに混雑なく。

(たぶんiKADの部門はいつもあまり人が多くないのかも。。。)

正面玄関入ってすぐのエスカレーターで、2Fへ。

f:id:nanomano08:20180904102403p:plain

エスカレーター正面にある、総合窓口で「iKADの申し込みをしたいので、Formがほしい」と伝えると、黄色いフォームをくれて、左手4番の窓口に提出するよう言われる。

            ↓

f:id:nanomano08:20180904102545p:plain

4番窓口の前でならんで(番号札とかも取らなくていいみたい)、フォームとパスポートの写真のページとビザのページのコピーを一緒に提出すると、「○日以降に取りに来て」といわれる。

私は、金曜日の午後に提出して、翌週の月曜日の15時以降に取りに来るように言われたので、1営業日くらいで発行してもらえるよう。

ちなみにiKADはこんな感じです。

f:id:nanomano08:20180904103020p:plain

EPの人は黄色、Residentビザの人は赤色とかで分別されているみたい。

iKADはMyKADとおなじような特典がうけれるようで、またホテルに泊まった時にも

外国人に課される宿泊税(1人1泊につきRM10)が、iKADを見せることで免除されました。

発行手数料は無料なので、2回イミグレに行くのは面倒ですが、持っておくと便利かも。

車の登録証の再発行

先日、車を買い替えようとして、査定してもらう時に手元にある登録証がコピーであることが判明!

当然ながら原本がないと取引できないといわれ、家の中をひっくり返して探してみるも見当たらず。。。放心状態で、ディーラーのおばちゃんに相談するとJPJで再発行してもらえとアドバイスされたので、JPJへ。

 

今の車を中古で購入した時に、名義変更したJPJは、Wangsa majuだったけど「家から遠い」「いつも混んでる」ので、比較的家から近い Bangi でトライしてみた。

 

その日は金曜日でお祈りの時間があるからなぁと思いながら、13時にBangiのJPJに到着。

やっぱり午前の部は終了していて、午後の部は14:45から整理券を配り始めるとのこと。あと約2時間くらいあるけど、受付のお姉さんに「車の登録証の再発行をしてもらいたい」と英語で伝えると、なんとかわかってもらえたようで、申請用紙をくれて書き込むように言われる。この用紙、すべてマレー語。。。英語の用紙はないのか聞くと、「ない」との返答。

なんとかGoogle Translateで訳しながら、記入する。

チェックを入れる項目とか、どれを選べばいいか不明なところをさっきの受付のお姉さんに確認すると、「チェックいれるとこはここでOK、あとここと、ここに名前とサインを書いてね」とアドバイスをもらう。

再発行のついでに、免許証の更新もしたいというと、「免許証の更新は2時から受付開始~」だと。

書類の記入台のところに、どうも写真の背景は白でないとxみたいに書いてあるくさいので、さっきのお姉さんに念のため確認するとやっぱり背景白じゃないとだめだと。。。

あわてて、近所の証明写真取ってくれるところでお願いする。4枚で15RM。

そうこうしていると2時になったので、免許証の更新の整理番号をお姉さんにもらって

窓口へ。

窓口のお姉さんに免許証の名前の姓名が逆なのと住所を変更したいと言うと、「受付でフォームをもらって記入して」といわれる。

また受付のお姉さんに、説明してフォームをもらい、こことここに記入してとアドバイスもくれる。

名前と住所の変更欄に記入して、窓口のお姉さんのところに戻って、お金を払う。

有効期間は自分で選べるみたいで、Maxの5年にして300RMなり。

今回のように名前の変更が必要なときは、パスポートのコピーも必要。(これも証明写真のところで、コピーしてもらえる。1枚50Sen)

写真は、背景白のものが1枚必要。(前の免許は、背景青だったので、ちょこちょこ変えてるのかもしれん。)

お金を払い、新しい免許証の発行まで10分くらい待つと順番にフルネームを呼ばれ、新しい免許証を手渡される。(その場で名前に間違いがないかを確認するのを忘れずに!)

 

免許証をもらったくらいで、急に人が増えてきて、もう午後の部の整理券も発行されてる。私もその列に並ぶと、さっきからヘルプしてくれてた受付のお姉さんが覚えてくれてて、午後の部一番最初の番号を発券して横にのけておいてくれたようで、なんとその一番の番号札を私に手渡してくれた。

マレーシアで、こんな心遣いを受けたのは初めてに近く、ものすごくうれしかった。

午後の部が始まって1番に呼ばれ、窓口に申請用紙を提出するとパスポートのコピーも要求される。先にとっておいたコピーを出して、書類に両手親指の拇印を取られて、手数料50RMを払うとすぐに再発行してくれた。所要時間5分程度。

 

【手続きに必要なもの】

<免許の更新>

・背景が白の証明写真1枚

・名前の変更がある場合には、ID(パスポート)のコピー1枚と申請用紙

・更新手数料 1年につき60RM 最長5年まで可能

 

<車の登録証の再発行>

・パスポート(車の名義登録の際に使用したID)のコピー1枚

・申請用紙

・両手親指の拇印

・手数料 50RM

 

JPJ

http://www.jpj.gov.my/en/web/main-site/kuala-lumpur

ピアス

娘、シンガポールでついに Ear piercings をしました。

私が大人になってから挑戦したときは、かなり痛かったので、積極的に娘にはすすめてなかったけど、学校やご近所の友達はだいたい赤ちゃんくらいのときにピアスをしているので、なんでしてないの?って言われ、娘もだんだん「ピアスしたい」って気持ちになった様子。

 

またまたネットで検索して、子供のピアスもやってくれる口コミのよかったところに。

https://ja-jp.facebook.com/pg/stellarsg/photos/?ref=page_internal 

 

f:id:nanomano08:20180607144743p:plain

ちょっとつねられたくらいの痛さで、ぜんぜん余裕~。

化膿しないよう朝晩消毒するよう言われ、消毒液ももらえました。

f:id:nanomano08:20180607145537p:plain

ピアスをあけてもらうのに特段費用はかからないみたいで、いくつかあるトレーニングピアスの中から好きなものを購入すれば、OK。

今回は念のため、14Kのものにしたので、S235ドル。